IZQUIERDAの毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS J2第34節 対モンテディオ山形戦@三ツ沢

<<   作成日時 : 2006/08/25 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


この暑い8月をいかに乗り切るか…ここが大事な踏ん張りどころです。
昨年までの苦手意識を克服したのか、今年2戦2勝で迎えた3クール目。

前節、草津戦は終了間際で追いつかれ勝ち点1に終わっているため、ホームでは是非勝ち点3を取りたいところ。(だいたい、何でJ2の試合の岡田さんが吹くかしら?J1を吹いていればよろしいのに…その前の水戸戦も西村だったし…吉田さんや穴沢さんはないのに…)

スタメンは警告累積で出場停止のアウグストのところに滝澤が今季初スタメン。
FWは前節と同じで、アレモン・城コンビ。カズはベンチスタート。
試合前のシュート練習では、カズ〜するどいシュートを何本も入れていました。

         菅野

  小野 早川  鄭 容臺  小林
   
  崔 成勇 山口  内田  滝澤

      アレモン  城



試合開始直後は山形ペース。
中盤がよく動いてスペースを作り、何度もCKを与えてしまう。

10分 何度かの山形のチャンスのあと、やっとCKを獲得。
CKを防いだ山形が一気に攻めようとしたところで、滝澤が上手くボール拾い、前線にパスを出すと早川に渡り、走り出していたアレモンにスルーパスが通りました。
そしてDF2人の間を抜け出して、ゴール前〜落ち着いて先制点!です。

押されている時間帯が続いていたので、この先制点は大きいです。
これで、少しペースがつかめるのかと思いましたが…むしろ積極的の攻めてきたのは山形。

元横浜FCの臼井選手がよく動き、サイドもよく上がってきて滝澤と小林の間のスペースを狙ってくる。中盤がポジションチェンジを繰り返して、スペースを空けて攻め込んでくる。

早川が早い時間帯に、足を痛めたのか〜気にしている様子。チョッと引きずっているようにも…
この、山形の攻めに耐えられるのか心配です。

再びチャンスが訪れたのは、25分。
滝澤が中盤でボールを奪うと、ドリブルで仕掛け〜絶好のセンタリングがアレモンへ。
相手DFはきっちりラインが揃っていたのに…頭で合わせて追加点を奪う。

この日は、かなり暑いらしく〜動きが止まると選手たちは盛んに水分補給をしていました。

前半はこのまま2:0で終了。
後半開始時に山形は2人同時に交代。

うちの左サイドを重点的に攻めて来る意図です。

そんな中、横浜FCの最初の交代は〜DF早川でした。
やっぱり足にアクシデントがあったようです。代わって入ったのはDF室井。

中盤でのプレスが効かなくなり、DFラインが少し下がりだした72分。
山形のレアンドロ選手に1点返されてしまいます。

1点差に迫られた直後の74分。山形の小原選手が2枚目の警告で退場。
数的優位に立った、横浜でしたが…

滝澤の代わって入った吉武も中々アレモンと絡めずチャンスを作れない。
87分には、崔成勇に代わり坂井。

そして、1点差を守りきって勝ち点3を取ることが出来ました。

押されながら最後まで、集中力を持ち続けてよく戦いました。
苦しみながら、勝ち点3をとることが大事です。

そして、このところのゴール裏の応援はスゴイです。
以前は試合の流れがよくないと、罵声が飛んでいましたが…今は、絶えることなく応援が続きます。熱く、力強いゴール裏になってきてます。

画像


試合後、ゴール裏に来たアレモンと城。

画像


アレモンは「次長課長」のものまねを披露して、みんなを笑わせてくれました。
それにしても、アレモンの声はどこから出てるんでしょうか?

次節はアウウェイの仙台、札幌と続きます。
着実に勝ち点を重ねていくことが大事です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J2第34節 対モンテディオ山形戦@三ツ沢 IZQUIERDAの毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる