IZQUIERDAの毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯は終わりましたが…今さらのドイツ観戦記〜E

<<   作成日時 : 2006/08/10 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

ゲルゼンキルヘェンから列車で30分。ドルトムントに到着!
こんなに近いから〜ルールダービーもスゴイはずです。

そして、この巨大壁が変わらず…サポーターをお出迎えです。
イタリア語の「ようこそ」〜BENVENUTI〜よくヨドバシカメラの館内放送で耳にする言葉!

画像

あのブラジル戦当日に書いたメッセージ!
私以外はわからないと思いますが…玉ちゃんがんばれ!と書いたんです!
画像


この日も街は〜人・人で賑わっていました。
地下鉄Uバーンでスタジアムへ。 車内ですでに、ブラジルサポは盛り上がっていて〜鳴り物付でにぎやかでした。 このブラジルの人たち〜みんなを巻き込むのが上手。他の国のみなさんは、楽しそうでしたが…鳴り物はけっこうキマス!
スタジアムに到着すると…さらに多くのブラジルサポが!

画像


画像


画像


画像


画像

チケットは最後にとれたのに…結構見やすい!
この試合はF組1位とE組2位の組み合わせですが…予想では(ってか…勝手に想像?)チェコがくるだろうと思っていたのに〜ガーナが2位通過で〜ちょっとびっくりです。  
画像


ブラジル・ガーナ両国選手入場!
画像

国歌吹奏です。
画像


画像


画像

ノリノリのブラジルサポ。大きな旗を広げてます。
も〜誰とでもお友達になっちゃうからスゴイ!
画像


試合開始5分でロナウド選手が先制点。
オフサイドトラップの失敗って感じでしたが〜そういう相手のミスを付くのがホントうまいです。
ロナウド選手の縦に抜け出すスピードは、お見事です。
動かない分、一瞬のスピードはすごいってことですかね?
ブラジルもこの早い時点での先制点で少し落ち着いた感じがありました。
画像


でも、ガーナは身体能力が高く〜ブラジル選手に身体ごとぶつかって何度もチャンスを作っていました。
1:0で前半終了するかと思われたロスタイムに、今度はアドリアーノ選手に2点目を取られてしまいました。1点目もそうでしたが…こういう隙を逃さないしたたかさには感心させれます。
ともすると、押され気味の試合運びだったのに2:0で前半を終了してしまうんですから…
百戦錬磨ってことですかね?
画像


この日、最も目だっていたのがゼ・ロベルト選手でした。
運動量豊富に中盤で守備をこなし…決定的ともいえる3点目を自らたたきだしました。
ブラジルも華やかな選手に目が行きがちですが…ボランチ、DFに優れた選手が多いです。
でも、カカ選手もホントによく守備をこなします〜テレビに映ってないところで結構みなさん働いているんです。
試合は3:0でブラジルが勝ちました。ガーナもさすがに、決勝トーナメントにでてくるチーム〜力は十分感じました。でも、やっぱり「決定力」の差が大きかったです。
日本もそうですが…何度も経験して開けてくる道なんでしょうね。

画像


この日で、W杯の観戦は終わりました。
それぞれに、思い出に残る試合でした。ピッチの上だけでなく、そこへいくまでの過程も含めて1つ1つが楽しい思い出になってます。 
何よりも、試合会場にきていた人々がホントに楽しそうで幸せそうで〜みんなの笑顔が心に残ります。

そして、翌日6/28はドイツともお別れする日。
飛行機に出発時間が夜なので…デュッセルドルフへ
ケルンからは列車で約20分。
中央駅から歩いていくと、突然通りの両側に日系企業の名前が…日本総領事館もありました。街並みも他の都市に比べておしゃれです。
その中心〜ケーニヒスアレーは幅82mの大通り。真ん中にお堀を挟んで並木が続いています。そして片側には高級ブティックが並んでいます。ヨーロッパの他の都市でもこんなに並んでいるところは、思い当たりません。お買い物好きには便利この上ないところです。

そんな中、私でも気軽に入れるデパートのカウフホーフ。ウィンドウディスプレイがすてき!
ジダン選手とベッケンバウアー氏ってすぐわかります。売り物みたいです。

画像


でも、旧市街にはいると…街並みが一変します。なんか庶民的な雰囲気!
ローレライで有名なハイネの生家。今はビアレストランになっているそうです。
画像

マルクト広場にたつ市庁舎。
画像

ヨハン・ヴィルへルム2世の騎馬像。
画像


マルクト広場の裏手はすぐライン川です。

画像


画像

ドイツの勝利を願って、国旗を掲げている車が多い中〜ちょっとヒネリが利いたドイツ国旗?
画像

ドイツ陶磁器博物館。
陶磁器専門の博物館ではドイツで最大だそうです。
イスラム陶磁がかなり充実していてビックリ!
画像


画像

ラスター彩の大皿
画像

この深い青が美しいつぼ。
画像

ビアジョッキの装飾過程を展示してます。
画像



画像

見事な装飾の食器たち
これには、何を盛るんでしょうかねェ〜ホワイトアスパラっすか??
画像

アスパラ模様もありました!
画像

これには、何を盛ります?
画像


なぜか…こんなところに織部です??
画像


現代の作家のコーナーもあり…河井寛次郎、島岡達三の作品が展示されていました。
画像

レストラン〜ツム・シフヒェン
いかにも歴史がありそうな…と思っていたら1811年にナポレオンも訪れたというドイツ料理レストラン。残念なことに今回は撮影だけ。
画像

デュッセルドルフでアルトビアーを味わう!
と…いうことで来ました!ビアレストラン。
ツム・ユーリゲ。入り口はこじんまりしていますが…奥行きがある店内です。
店の奥には小さいですがビール工場もあります。これぞ工場直送です!
店員さんが何度もビア樽を運び出していました。
軽いケルシュビアとはチョッと異なり…赤褐色でホップが効いたアルトビアー。
これに、ソ−セージでお昼は十分です。ドイツのビアレストランはホントに便利です。
画像


アルトビアを味わって、デュッセルドルフをあとに再びケルンへ。
ホテルで預かってもらったスーツケースを引き取ってフランクフルト空港に向かいます。

ケルン中央駅について、大きな時刻表をみると〜予定していた列車が遅延している表示。
他の列車も空港方面行きは軒並み遅れてます。
時間には十分余裕を持っていましたが…この時点で遅れの表示があるということは〜さらに遅れるかもしれないということ??

とりあえず、ホームに行って待つことに。
ケルンからフランクフルト空港に行く列車は2通りあって〜新幹線区間経由だと1時間15分。
ライン川沿いを通るルートだと2時間20分です。
予定していた列車ではありませんでしたが…新幹線区間経由の列車が別のホームに入線してくるとの放送があり、急いで移動。
おかげで、早い列車に乗れて余裕で空港に到着しました。
新幹線区間を始めて乗りましたが…山の中を走りますがやっぱり早いです。

機内から美しい夕焼けが…
画像


次回のW杯は南アフリカでの開催です。
はたして、日本代表が出られるのか…オーストラリアもアジア枠になるし…オシム監督がどんなチ−ムに育てていくのか…
楽しみは尽きません。私たちは応援し続けていくことしかないですから〜
とりあえず、Jを応援しつつ〜毎日がサッカー??

今回のドイツ大会は最も成功した大会と言われました。
ドイツの活躍も大きく影響していると思いますが、ホスト国のもてなし上手っていうのもあると思います。ドイツの人たちのさりげない暖かさは忘れられません。

私にとっても、忘れられない大会になりました。

簡単にまとめるつもりが…思いの他長くなってしまって時間もかかってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Forced gay sex stories.
Forced sex stories. Forced sex. Free forced sex pics. ...続きを見る
Forced sex.
2008/04/24 09:23
Mature sex.
Hotwife mature sex. Free mature sex. Mature sex. Mature sex movie free. Mature phone sex. ...続きを見る
Mature sex.
2008/04/24 23:31
Buy ambien overnight mail md consultation.
Ambien buy. Where can i buy ambien for next day delivery. Buy ambien cr no rx. Buy ambien without prescription. Buy ambien. ...続きを見る
Buy ambien.
2008/05/21 18:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
W杯は終わりましたが…今さらのドイツ観戦記〜E IZQUIERDAの毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる