IZQUIERDAの毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS W杯は終わりましたが…今さらのドイツ観戦記〜C

<<   作成日時 : 2006/07/24 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ケルン大聖堂の全体像を撮るために…ドイツァー橋まで行ってみました。

画像

さすが!世界遺産。ここから見ると美しいです。
画像


前日のドイツVSスウェ−デンで勝利で朝方まで騒いでいたのか、河川敷の芝生でお休みになっている人が何人もいました。朝・晩は結構冷えるのに…

ライン下りの船。観光船の多くはコブレンツ〜マインツ間を往復してます。有名なローレライもこの間にあります。鉄道でフランクフルト〜ケルンに行く時もライン川と平行に走っています。
でも、IC,ICEなどの特急はアッと言う間です。
ユーレイルパスやジャーマンレイルパスでこのライン下りの船に乗れます。
意外と大きい船ですね。豪華客船って言うんですか?

画像


6/25 この日はラインエネルギーシュタディオンにチケットを取りに行きました。
27日のドルトムントのブラジルVSガーナ戦のチケットです。
試合開催日以外は他のスタジアムでも引き取りができるとのことで、行ってみることにしました。時間も11:00からということで…写真のノイマルクトから市電で15分。
切符を買おうと、機械にコインを入れても反応がなく…親切なおばさんが手伝ってくれましたが…結局ダメでした。よく壊れるのだそうです。
売店で購入できましたが、車内でも買えます。
画像


路線図みながら〜キンチョーして停留所の名前聞いてました!
そして到着! 「Rheinenergie−Stadion」
画像


画像

画像

市電を降りて30歩もあるくと、このゲートです。
画像

正面からスタジアム全体が見えます。すっきりしいていい感じです。
四方のマストがカッコいいです。
画像


明日のウクライナVSスイス戦の下見も兼ねているので…
ゾーンをチェックします。
画像

画像


そして、チケット引き換え所は…この建物です。
画像


すでに、20人くらい並んでいました。5〜6人づつ中へ誘導されます。
…といっても呼ばれるまで30分以上はかかりました。
引換書のバーコードを読み取ると、チケットが印字されてきます。
無事にチケットを引き取って、外の出るとすでに長い行列が出来ていました。
早めに来て正解でした。気温も上がってきているし…日差しも強いです。


そして、ホテルに戻り〜午後からはモーゼル川下りへ

ケルン大聖堂から出発している市内遊覧の「汽車」〜かわいい汽車です。
今回は乗る時間がなく残念でした。後ろには「ルイ・ヴィトン」のあるのに…今日は日曜でお休みです。この前を何度も通ってるのに〜1度も行けませんでした。ホテルの隣には「ブルガリ」「カルティエ」もございましたが…こちらも行けませんでした。私が買えるものはないのですが…

画像


12:53発のICでコブレンツへ
車体にW杯のシンボルマークが付いています。
画像


人が乗り降りするホームより一段低くなっているホーム。
荷物専用のホームです。さすが合理的なドイツです。
ホームの端にはエレベーターも付いています。ホームを台車が通らないだけでも…広く感じるものです。
画像

コブレンツが近づいてくると、ライン川が見えてきます。
画像


画像


画像


コブレンツには約40分で到着。ここから乗り換えてコッヘムへ。30分くらいで到着。
コッヘムでモーゼル下りの船に乗ります〜船で再びコブレンツの戻るんですけどね。ふふ

船の乗り場は駅から歩いて10分くらいのところにあります。駅前は何もないのに…
船の乗り場のすぐ前が街の中心!正面のライヒスブルグ城が街を見下ろしてます。

画像


画像


画像


画像


画像

コッヘム発15:40。ここからコブレンツまで約5時間の船旅。船は優雅です!
暑いので乗船してさっそくお決まりのビール!
さすがドイツ!船でも「生」は常識?   
画像


モーゼル川流域はドイツ最大のワインの産地。
ドイツでも最も温暖な地域だそうですが…確かに日差しは強く暑いです。
画像


画像

画像


水門では、反対側からも船がくるためかなり時間がかかります。
画像

画像


画像

両岸はローマ時代からの続くみごとなブドウ畑。そして斜面の上、所々に古城が。
さっきまで、あんなに天気がよかったのに…雲行きが怪しげ。
画像

…と思っていたら、にわかに雷と豪雨!
気温も一気に下がった感じです。
画像

またも、水門です。
画像

画像


画像

画像

こんな大きな船が航行する川なのに…岸辺にはカルガモの親子!
このあとも、何組も親子見ました。船から岸辺が見えるくらい近いのに…ちょっと驚き!
画像


コブレンツの街が見えてきました。
画像

画像


モーゼル川とライン川の合流点ドイチェス・エッグ(ドイツの角の意味)
1897年にコブレンツの町の中世時代の市壁を崩して築いた埋立地。
台の上には1871年ドイツ統一でドイツ皇帝になったヴィルへルム1世皇帝の騎馬像。
第2次世界大戦時には要塞と間違えて爆撃を受けて近年再建されたそうです。ドイツ再統一と平和のモニュメント。

画像

そして、コブレンツに到着。予定時間より30分以上遅れてました。
途中の水門で、船と行き違うためかなり時間がかかっていたことが原因かも?
でも、列車だとたかが30分のところを〜5時間もかけてゆったりの船旅!
次回はモーゼル川流域に点在する小さな街や古城ホテルなどにも行ってみたいと思いました。オートキャンプ場もあちこちに点在していました。

船着場からコブレンツ中央駅までは徒歩です。
9時近いですが、まだ明るいので(ホッ!)地図を見ながら中央駅を目指します。
同じ船に乗っていたお客さんの中には、船から携帯電話でタクシーを呼んでいた人も。

徒歩20分で中央駅到着!
それでも、この明るさ。21:12のECが間に合うと思っていたら…列車も遅れてます。
表示には5分の遅れと書いてあります…
画像


夕食を列車の中でとろうと、食堂車(古い?)へ。
この列車はEC(ユーロシティ)ということで、ブダベスト発でした。ネンキの入った車両で、重厚な感じの車内です。
やっぱり、長い運行時間なので遅れが出で来るんでしょう。
DB車両だと、ビールはもちろん「生」ですが…ここでは、瓶ビールでした。
スープとパスタで簡単に夕食いただきました。
ここで、ポルトガルVSオランダは1:0…とドイツ語で車内放送が…サラッと言うところがいいですね。前半終了時の結果も聞いたので、後半はホテルで。

ケルン中央駅到着!
そして、あの天井絵〜夜はまた違った感じです。
画像


画像

外が明るいうちは、見えないのに〜暗くなると駅の外からも天井絵がよく見えます。
なんか〜幻想的な感じです。しばし鑑賞してしまいます。空間の演出がウマイ!です。

画像


ホテルに帰り、早速後半をテレビ観戦!
結果は1:0のままで終了。オランダはなかなかいいチームだったのに…ここで終わりは残念です。ポルトガルが若手とベテランがうまくかみ合って勢いがありました。

途中で買ってきた、トイレットペーパーと紙ナプキン。
サッカーにちなんだものが、たくさん出ていてホントに楽しいです。
それでいて、デザインとかも結構凝っていたりして…
画像












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も超力作!素晴らしいですね〜♪
ケルン大聖堂への市内遊覧汽車?かわいい。黄色って所がヨーロッパなんですよね…ポップだけどシックリくるっていうのは一体なんなのかしら。やはり空気の色(空の色とでも言いましょうか)が違うんでしょうね〜。

あと、『丘の上に古城』…今この感じ、大好きな景色です♪

にしても、ドイツ語って同じアルファベットの羅列なのに全くチンプンカンプンですわ^_^;
miaou
2006/07/24 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
W杯は終わりましたが…今さらのドイツ観戦記〜C IZQUIERDAの毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる